ベテラン社員の「眼力」を
調査・工事の随所に発揮

弊社社員の3分の2は地盤業界経験15年以上のベテラン揃い。調査から施工において、厳しいチェックを欠かさない鋭い「眼力」があります。


お知らせ

施工事例&地盤の知識

2020年

12月

01日

【施工事例】RES-P工法 鋼管1140本!

木造平屋建て店舗新築工事の地盤補強で「RES-P工法」を実施しました。

建築面積は740㎡、施工材のパイプ(細径鋼管)は1140本と大量になりました。

RES-P工法の専用施工機で完工まで7日間でした。


続きを読む

2020年

11月

26日

【調査事例】ボーリング班稼働中!

このような広い土地での地盤調査はめったにありません。

天候に恵まれ計画通りの調査ができました。今日は3日間調査の最終日です。


続きを読む

2020年

11月

20日

【施工事例】高低差のある現場での鋼管杭施工

図のような前面道路より計画地が1.5mほど低い高低差のある現場での鋼管杭工事の事例です。

杭打設施工機の搬入・搬出はラフタークレーンで吊り上げおよび吊り下げにて行います。


続きを読む

2020年

11月

10日

【地盤の知識】地形と地盤の関係

この図は山地から平野、海岸へと続く「地形」を表した模式図です。

台地、谷地、扇状地といった各地形条件と戸建住宅の地盤の良否は大いに関係性があります。


続きを読む

2020年

11月

01日

【施工事例】超狭い搬入路を克服!

狭小地や搬入困難地向けの地盤補強工事の事例です。

カニクレーンという超小型のクレーンと鋼管の打撃装置が合体した、日本に一台しかない「細径鋼管工法」施工機です。


続きを読む

地盤調査

戸建住宅と言えども地盤調査は必須です。新築の際にはどうしても建物のほうに目が行きがちですが、50年先も安心な建物であるために、地盤の重要性を忘れてはいけません。


地盤補強工事

軟弱地盤と判断された場合は何らかの地盤補強対策が必要です。地盤補強対策は、地盤、敷地、建物等の条件を充分に検討して最適な工法を選択することが重要です。


地盤改良・杭

鉄骨造、RC造等の建築物の基礎地盤は、小規模建築物とは異なる対応が必要です。地盤改良や杭工事は、より厳しい施工の管理が求められます。


関連工事・サービス

関連工事として、傾いてしまった建物を水平に戻す沈下修正工事を紹介します。また住宅地盤特有の地盤保証制度を紹介します。